ウルマス・シサスク

銀河巡礼〜北半球の星空

URMAS SISASK:Starry Sky Cycle No.1  

Northern Sky Op.10


Piano:吉岡裕子 Yuko Yoshioka
2011年11月10日
YSOK -1101
CDBaby.Com/Indys


1. みずがめ座「夢」
2. こぎつね座「不安」
3. いるか座「連鎖ー流星雨のプレリュード」
4. おおいぬ座「性急」
5. かみのけ座「転変ーオーロラ」
6. くじら座「切望」
7. アンドロメダ座「力ー雷雨、虹」
8. うしかい座「渦」
9. うさぎ座「孤独」
10. はと座「動き」
11. おうし座「鮮鋭」
12. へび座「出現」
13. や座「動揺」
14. からす座「風雪」
15. こと座「幸福」
16. 7つの楽興の時「プレアデス」 1. エレクトラ
17. 7つの楽興の時「プレアデス」 2. マイア
18. 7つの楽興の時「プレアデス」 3. タイゲタ
19. 7つの楽興の時「プレアデス」 4. アルキオネ
20. 7つの楽興の時「プレアデス」 5. メローペ
21. 7つの楽興の時「プレアデス」 6. アステローペ
22. 7つの楽興の時「プレアデス」 7. ケレノ
23. おひつじ座「緊迫」
24. へびつかい座「破滅」
25. こぐま座「平和」
26. こいぬ座「混乱」
27. オリオン座「凝固」
28. うみへび座「無限」
29. ペルセウス座「黙想」

(Total Playing Time 67:05)







演奏者より

2005年、エストニアの小さな村ヤネダのアトリエ“音楽と星の塔”で、シサスク氏に直接、レクチャーを受けました。彼が弾くピアノは、星空の果てしない世界にすぐさま連れていってくれるような不思議な響きと、星と音楽を愛する純粋な心に満ちていました。彼のピアノ作品の全ては星空に霊感を得ています。アマチュア天文学者でもあるシサスクの《銀河巡礼~北半球の星空》(1987)はその最初の大作で、22の星座とプレアデスの星の名が付けられた全29曲からなっています。私が彼のことを知るきっかけとなり、出会いにまでつながることになった大切な作品です。彼は、ピアノという楽器を“宇宙のキーボード”と捉え、美しいハーモニーを構成しています。今回の収録では、響きの重厚なベーゼンドルファーModel 275 を使用、音の職人、金森祥之氏の手により、ライヴとはまた違った、レコーディングならではの音の世界をつくり出すことができたと思います。


シサスク氏より

久しぶりだね、ユウコ

ようやくやっとのことで、君から送ってもらったアルバムを聴く時間をとることができたよ。
君と私は、天文学という学問を同じように理解していると感じた。私たちはともに、地球上の音楽について悩み、苦しんでいる。君の粘り強さは、私に新たな力とエネルギーを与えてくれた。君の解釈には深い感銘を受けた。君がより高く羽ばたくことを願っているよ。星々の音楽によって、君は私の精神面を完全に捉えてしまった。私はそのことを幸せに思う。これからも協力していこう。

アマゾンにて発売中

視聴はこちらを